金木犀の夢

にこきゃん楽曲

作詞:餅月ゆいり
作曲:MARIE

自転車を漕ぎ出す 頬を過ぎる夜風
季節はいつも 駆け足のまま

君が好きと言った あの花の香りが
過ごした日々を 映し出す

夢見てた 都会に 船を出す 君を今

僕ら時が過ぎても
思い出すだろう
2つの影と金木犀
今はまださよならに
慣れてないけど
きっと強くなるから

いつもの改札で 「またあしたね」と笑う
君が そこに まだいるようで

大人になるたびに 強がりだけが上手くなるね
少し 立ち止まる

想い出は 切ない 時にまだ 眩しくて

いくつ歳を重ねて
誰と会っても
君の代わりなんていないよ
だけど夢を叶えて
また会う日まで
どうか振り向かないで

ねえ君が泣いちゃうから
行かないでと伝えたいけど

ぎゅっと君を抱きしめよう
涙見せないように

僕ら時が過ぎても
思い出すだろう
2つの影と金木犀
今も同じ景色が
教えてくれる
帰る場所があること

タイトルとURLをコピーしました