アイドル・モデルオーディション開催中

Distant sky

作詞作曲:ka2

街の雑踏の中で 一人立ち止まり
気づくと探している君の姿
いくら似た人を目で追ってみても
いるはずもないのに

あの時いったい何を言って欲しかったんだろう
虚しく後悔ばかりが頭をよぎる

この手を伸ばしても 名前を呼んでも
決してもう君まで届かない
触れた手の温もりも はしゃいだ声も
かすかに記憶の中にあるだけ
このまま二度と会えないなんて
悲しみが溢れ涙がこぼれるよ

目まぐるしく過ぎる日々に この身を委ねてみても
ふと遠い空見上げ思い馳せる
君にとっての僕はどんな存在だったのか
今も分からないまま

この胸の痛みは あの涙の理由(わけ)を
分かろうともしなかった僕のせいさ

こんなに君のことが大切だなんて
あの日の僕は気づかなかったよ
当たり前のように君がいたから
こんな日が来るとは思わなかった
今どこにいて何を思うの
このまま忘れることなんてできないよ

輝いてた日々の君との足跡
あれは決して嘘なんかじゃないよね

言えなかった言葉がたくさんあるよ
あの日の僕は臆病だったから
もしもまた会えたなら 決して飾らず
まっすぐ思いを全部伝えたい
また会える日が来ると信じて
遠い空の下から君を想ってるよ